ギター教室 666 「教材編曲」

 ギター教室の話題。

 ギター教室で使う教材として、「Historia de un amor」をソロギター編曲しました。

 市販のいい譜面がすぐ手に入るのであれば、それを教材として活用するのはやぶさかではないのですが、自分の好きな曲だったりすれば、自分で編曲したほうが楽しいし、教材としても使いやすいので、今回は、自分で編曲しました。

  基本技術は重要です。この編曲で、基礎の確認をし、素敵な演奏になったらいいですね!

というメッセージを込めて編曲しました。

 DLMarketが再開したら、一般公開もしようと思います。

| | Comments (0)

January 30, 2019

Luna Tucumana ソロギター版編曲

 フルート+ギター用の編曲をソロギター用に圧縮して作りました。
元のアイデアは形になっているので、編曲っていうより、編集して完成って感じです。

午後から、夢中になって作業してたら、あっという間に夜になってしまいました。

 これから数日は練習しながら推敲していき、いい感じになってきたら、演奏動画をYOUTUBEにあげようと思います。

 譜面は、DLMARKETが再開したら、ダウンロード販売します。

| | Comments (0)

January 29, 2019

Luna Tucumana編曲完成しました

 「フルート+ギター」のLuna Tucumana完成しました。
 譜面上は会心の出来です。
 演奏して譜面以上に良くなるといいな。

 直近の演奏予定は、3/31「ケーナとギターの夢」コンサートです。
 
あと、この譜面は、DL marketが再開したらダウンロード販売しようと思います。

 

| | Comments (0)

January 27, 2019

Luna Tucumana編曲

  ここのところ、ソロギターのレパートリーをおさらいする日々を過ごしておりました。

 いつでも弾けるぜ!という状態にしておかないとギタリストとしてお恥ずかしい。というのが一番の動機。また、ギタリストの理想の姿(譜面の再現も、即興も弾ける)に少しでも近づきたい、というのが二つめの動機ですね。

  昔弾いていた曲を、今、弾いてみると、客観性が増している分、以前より練習のポイントがわかります。ギターと音楽の知識が増えた分、覚え方も変わってきていますね。

  そんな日々を1ヶ月ほど過ごし、改めて思ったこと。

  譜面は思い出す為に大事です(笑)。

 譜面化しておかないと、忘れちゃった時に思い出すのにえらい苦労しますからねー。20年前の現代ギター(雑誌)引っ張り出して調、自分の編曲を調べたりして、ああ、この曲、残っててよかったーとか思いました。

 さて、そういう訳で、やはり今形にしておいたほうがいいやね、と思っていた「Luna Tucumana」の編曲をしています。
 この曲は、典型的なラテン系のコード進行だから、サウンド面では意外と可能性があります。
どんな可能性があるの?というのを研究しながら編曲を進めております。

  ひとまず、メロディ楽器+ギターですが、次に、ギターソロも編曲します。

 自分にとっては、ユパンキの曲だから好き、という以上に、ツクマンの心優しい友人たちとの交流を象徴する思い出の曲、ということで心に刻まれています。

 今年、チャンスがあれば、ツクマンを再再訪して、演奏したいです。


  

| | Comments (0)

January 04, 2019

あけましておめでとうございます

  本年も、ギターを愛する同志のみなさんと共に、ますます研究を深め、音楽文化に貢献できるよう頑張って参ります。

  昨年は、ポルトガルギターのCDを作ったので、今年は、まず、それを売るための宣伝しながら、別のCDを作れたらなーと考えています。

 そして、今年中には無理かも、、、ですが、やはり、「自分の考えるギター音楽とは、こういうもの!」という作品は残したいですよねー。

 今、過去の自分の編曲作品を弾き直して見ますと、すごく時間をかけて一生懸命作ったんだなーというのを感じます。そうやって作ったものは、校正の余地があったとしても、やはり、価値がある!と我ながら思うのです。

 また、作曲の面では、もう少したくさん作っていく体制、体質?に持ち込んでいけたらいいなと考えています。作曲は。ある程度量をこなさないと質が上がって行かない感じかもしれない、、、という気がしますので。

 そうやって、できた作編曲作品を考えうる最善の形で残せたらいいなーというのが、少し長いスパンでの希望です。

 みなさんも、良い一年を過ごされますよう!
 お互いに頑張りましょう!
 
 

| | Comments (0)

December 26, 2018

自転車・ホイール組 ほぼ完成

 スポーク長は261mmでは長すぎでした。 
 組んでみたら、ゆるゆるだった、、、。
見た目的に3mmくらい長いのかもって感じでした。

 原因は、リム内径の測定に間違いがあったこと。
 もう一度、慎重に測ってみて、スポーク長を算出し直したら、やはり258mmでした。

 そして、念のため1mm短い257mmのを買いました。

これがバッチリで、今度はがっちり組み上がりました。
ディスクブレーキ仕様なので、逆イタリアンです!

あとは振れ取りして、完成です。

今回のホイール組みで学んだこと、今後に活かせる内容は、別記事で、ご紹介します。

Img_20181226_080723


| | Comments (0)

December 21, 2018

自家用車 ホイールカバー塗装

 愛車のスバル サンバー(H17年式)ですが、まだまだ好調に動いております。
  ただ、機能的には関係ない部分ですが、ホイールカバーがボロボロになってきていました。

  かねてよりやってみたかった自家塗装を施してみました。
こういうのを気軽にできるところが、鉄ホイール+ホイールカバーのいいところですね。

 工程は、
1. カバー全体の塗装を荒い紙やすりで剥がす。 脱脂をかねて水をかけながらヤスリがけしました。
2. ミッチャクロンを薄く塗布(プラサフは吹いていません)
3. ガンメタのホイールカラー(ソフト99)を4回に分けて吹き付け
4. ボディペイント(クリヤ)吹き付け
5. 1週間、室内に放置

仕上がってから、組み込んでみました。
鉄ホイールのグレイが隙間から見えるのがいまいちですが、まあ、初心者にしては、綺麗に仕上がったかな!?
次回、塗装する機会があったら、今度は、シルバーにします。

Img_20181220_155009


| | Comments (0)

December 20, 2018

ギター教室 665 「実用になる技術」

 ギター教室の話題。

 ギターにおいて、実用になる技術の基本は、「フォーム」「体の使い方」ですが、全て、「完成した音楽のイメージ」と連動して身につけていくものです。
 だから、「メロディとリズム」「ハーモニー」の感覚と「音楽の構造」を理解し納得する作業と並行して技術育成をしていくのが筋です。

 年末、これまでの自分を振り返って、技術の見直しをするのもいいですね。たまには大掃除も必要ってのと一緒です。


 

| | Comments (0)

December 17, 2018

自転車・ホイール組 スポーク長算出

 必要な値を計測し、スポーク長を算出しました。
 ハブは、左右対称でないにも関わらず、計算したら、左右のスポーク長が結局同じになりました。
 左右対称でないとは言っても、中心からの距離がわずか7mmほどの違いなので、スポーク長さに影響を与えないということなのでしょう。

左右とも261mmとなりました。

Img_20181217_195617


| | Comments (0)

December 15, 2018

自転車・ホイール組 ハブ

  音楽に関係のない気楽な趣味の話題。

 MTB仕様の自転車の前輪をハブダイナモ付きにしようと計画しています。

 通常、前輪用のハブは、左右対称な形ですが、今回使うのは、ディスクブレーキ仕様のハブダイナモなので、非対称です。

 スポーク長を計算するには、「ハブ中心からフランジまでの距離C(右側はCR、左側はCL)」が必要なので、ShimanoのHPからデータを拾ってきて、計算しました。

 当初、実測しようと試みたのですが、正確さに自信が持てなかったので、計算で求めました。オフセットの意味がわからなかったんですが、多分、、、中心からの偏位を言ってるんだろうと勝手に予測して、計算しました。この計算も有効数字をどこまでとっていいものかわからなかったので、とりあえず、端数未処理です。

 実測した値とそう大きくは違わないので、あってると信じたいです、、、、、。つまり、確信はないんですよねー。
もしも、この図、おかしいよ!と気づいた方がいらっしゃったら、ご一報いただけると助かります。よろしくお願いします!


Img_20181215_062343_2


| | Comments (0)

December 10, 2018

自転車・ホイール組 スポーク長さについて

スポーツ自転車のいいところは、規格にあったパーツを寄せ集めて組み立てられるところ。
自転車は、機械工学の身近な集大成です。

今、乗っている自転車にハブダイナモ付きホイールを組みこんでみたくて、DVD「ホイール組みの達人」を購入した、、、まではよかったんですが、スポーク長の計算の中に出てくるαがどこの角度をさすのかわからず、そのままでは気持ち悪いので、調べました。
 多分、これであってると思いますが、間違ってたら、ご教示いただけると幸いです。
 手書きの画像で残しておきます。

 Img_0302

サイクルメンテナンスHP:http://saimen.shop-pro.jp/?pid=46984865


| | Comments (0)

December 09, 2018

 2018年の使用楽器・機材

演奏者にとって、楽器の音は自分の声です。音響も含めて大事ですね。
 今年を振り返って、使った楽器、機材をご紹介します。

ポルトガルギター・・・
基本的に生で演奏する機会が圧倒的に多いので、ピックアップなどはつけていません。PAが必要な場合、外部にマイクを立て、ボディ下部を狙うといい感じに拾えます。楽器自体はリスボンタイプ(オスカル・カルドーゾ)とコインブラタイプ(アレニック)の二本をその日の気分で使いわけました。

クラシック・ギター・・・
1 生音で演奏する機会には、パウリーノ・ベルナベ(弦長660mm)を使うのが基本ですが、カーサ・ヌニェス(650mm)も一回だけ使いました。
2 バイオリンとデュオとかだと、少し、マイクを使って音を足した方がバランスがいいので、小さいコンデンサーマイクDPA4060(今は改良型が出てるみたいです)をベルナベの表面板に貼って使っています。
3 もっと音量が必要な場合、Shadowのアンダーサドル・ピエゾを後付けしたカーサ・ヌニェス+Zoom A3+卓直結でした。自分用のモニターとしては、Makie SRM150(A3からパラで出力)を使いました。ここまでの機材なら、小さいスーツケースに収まるので、電車移動でも持ち運べます。

チャランゴ・・・
 ボリビア製のチャランゴ(キスペ・トーレス)に、サウンドハウスで買ったコンデンサーマイクJTS CX-500を貼り付けて使いました。
DPAのパチモンのようなマイクですが、かなり良いです。DPAの価格の1/10です、、、。使えます。
 SHADOWのピエゾを後付けしたアルゼンチン製のチャランゴ(イバニェス)も使いました。この場合、チャランゴーLRBaggs Para Acoustic DI+卓直結 です。


特に機材の詳細については、後ほど、別の記事で紹介します。

| | Comments (0)

December 05, 2018

DLMarketについて(その3)

楽譜のダウンロード販売をお願いしているDL Marketから、「再開までかなり時間がかかるので、お急ぎの方は他のダウンロード販売業者を利用してみてください」という連絡がきました。

 自分は、今、すぐに発表しないといけない譜面はないので、DL Marketの再開を待とうと思います。
  その間に、出来るだけ、たくさん譜面を仕上げるという計画です。

 ちなみに、ソロギターの譜面ですが、五線譜の場合、必要な運指や演奏指示も書き入れますので、編曲ができてから、出版に耐える形にするまで、一手間かかるんです。だから、そうそう大量にこなせません。ですので、自分にはちょうどいい準備期間です。

 そういうわけで、譜面が欲しい方は、DL Market再開までお待ちくださいね。

https://www.dlmarket.jp/consignors/

| | Comments (0)

November 28, 2018

ギター教室 664 「やれる事はやりましょう」

 ギター教室の話題。

  演奏者にとって、音楽理論は、必須の学習項目です。
  勉強されることをお勧めします。

 五線譜が理解できて読めて歌えて、っていうことが大事なのではなく、ギターと自分のメロディ、音楽を結びつける為に必要な知識です。

  全てがリンクしてくると、すごく楽しいですよ!

| | Comments (0)

November 26, 2018

DLMarketについて(その2)

 楽譜ダウンロード販売でお世話になっているDL Marketですが、復旧まで数ヶ月かかる見通しのようです。

 復旧の暁には、これまでに、作りためていたソロギター、フルート+ギターの編曲をいくつかご紹介したいと思っています。
 ただいま、引きこもって、推敲・浄書を進めています。

 この作業の合間に、気晴らしに新しい編曲をするという、そういう日々が、年内は続きそうです。

https://www.dlmarket.jp/consignors/

| | Comments (0)

November 25, 2018

12月の演奏会

 寒くなってきましたね。
 12月の演奏会のご案内をさせていただきます。
平日の午後のコンサートです。

音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!

『 YOSHIKO TOMITA ~ Petit Concert 2018 II~ 東京 』
12月7日(金) 開場12:00(ランチタイム)開演13:30-15:30
  ○会場 恵比寿・アート・カフェ・フレンズ
  ○出演 Vo:富田喜子、Piano:深見真理子、Guitar:飯泉昌宏、Cajon:平島聡

詳細:
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

November 21, 2018

ギター教室 663 「Fはどう押さえるのか問題について」

 ギター教室の話題。

「Fが押さえられない」
どうしたらいいのか?

1フレットをセーハする形のFですね。
1フレットを人差し指で全部セーハするって考えてませんか?それは間違いですよ。

人差し指の正しい使い方は、「人差し指の先で6弦を、人差し指の根元で、 1,2弦を固定」です。
543弦は、別の指で押さえるので、人差し指がどうなっていようと関係ありません。

練習の仕方として、おすすめするのは、
低音弦から、順に6-5-4-3弦と押さえていく方法です。
ここまではセーハ不要なのはわかりますね?
おそらく初心者の場合、これでも結構きついはずです。ギター用の筋力がないから。
そして、まあまあ、これができるようになったら、2,1弦は、人差し指の根元に指先があるイメージで押し込んでみてください。これで音が出たらいいですね。

Fが本当に押さえられているかどうかをどう判定するか、といえば、自分の場合、

「セーハした状態ーセーハ解除の状態を可逆的に自由に行ったりきたりできる」ような身体の使い方ができたら、できるようになったとみています。

ちなみに、これ、上手なクラシックギタリストは、みんなできる当たり前の技術です。彼らは、力任せに押さえるとか一か八か弾くなーんて制御不能な非音楽的なことはしません。それだけのことだけでも、クラシックギターの技術は学んでおく価値があリますね。


「ではF7はどうするんだ?」
本当にFが押さえられるようになったら、わかります。

| | Comments (0)

November 19, 2018

DLMarketについて

 楽譜のダウンロード販売をさせてもらっているDLMarketですが、ハッキングの被害にあったそうで、現在、その対策中ということで、HPがみられません。

詳細:
https://www.dlmarket.jp/consignors/

  今は、待つしかないみたいです。

 ただ、再開を待っていても芸がないので、この機会に、
「この曲を編曲して欲しい。」
「以前、ソロギター譜面集で見たこの曲の譜面が欲しい」
などのリクエストも受け付けます。

  リクエストがあった曲については、実現可能かどうか、検討してみます。

| | Comments (0)

November 14, 2018

ギター教室 662. 「細部まで具体的に」

 ギター教室の話題。

   好きなギタリストの教則ビデオを好んで観ます。YOUTUBEに結構あがってますね。
 
  自分は、そこで、何を学ぶか、というと、優れたギタリストは、具体的に自分の演奏を解説しようとする点です。
  音階を説明しようとする人もいれば、身体の使い方を説明する人もいますが、彼らは、全て具体的です。

  「細部までイメージして見えて聴こえてコントロールする」
ことは、優れた演奏者にとっては普通のことなんだな、と確認する為に観ているような感じですね。


 

| | Comments (0)

November 12, 2018

ギター教室 661 「技術と再現性」

ギター教室の話題。

  楽器をコントロールできているかどうかの指標は、再現性。
 何度弾いても同じ状態が再現できれば、コントロールできていると見なせます。

  仮説でもいいので、正しい(と思われる)目標を決めて、その目標の再現性を高めるには、何が必要か、冷徹に考えるべきです。

 料理に例えれば、レシピを決めて、毎回、レシピ通りに演奏し表現できるようにするのが、練習の本質です。

  がむしゃらに弾いてもダメなんです。
  計画的に、よく考えながら、正しい方法を導き出し、たくさん練習しましょう。

 自分の思い通りにコントロールできるようになってくると、めちゃめちゃ楽しいですよー!

| | Comments (0)

«11月後半の演奏会(ファドのみ)