ギター教室 693. 「調性感と演奏」(その3)

ギター教室の話題。

*****前回の続き********

 さて、なぜ、こういう話になっているかを振り返っておきます。

 実際、自分が、アドリブするときは、いい加減ででたらめな部分が多くて、「成り行きでこうなりました」的な内容になることがほとんどです。しかし、達人の演奏を見ていると、ものすごく具体的な内容で、おそらく再現性も高いと想像されます。

 この大元は、調性感をどれだけ具体的に持っているのか、に関係しているのではないか?と思ったのです。

*****ここまで********

| | Comments (0)

September 19, 2020

ギター教室 693. 「調性感と演奏」(その2)

ギター教室の話題。

 

 「調性感を身に着けた状態」というのは、「一つの調性(音階)の中で、自由なメロディラインを階名で歌える」状態です。

 これが即興演奏の本質だと思います。

  次回からは、これを実現するために、どういう練習して行けばいいのか考えて行きます。

 

ここまでの復習:

1. 調性は、一つの音階の持つ雰囲気 

2. 調性感を身に着けた状態は、自由なメロディラインを階名で歌えること

3. 調性感を身に着けるのが即興演奏の本質

 

| | Comments (0)

September 17, 2020

5月から8月のリモート動画まとめ

これまで4ヶ月間で作成した遠隔アンサンブル動画をご紹介します。

各動画についての詳細な記事は、このブログのバックナンバーにあります。

 

「ケーナとギターの夢」

https://youtu.be/k9rpNE2VDbE

https://youtu.be/dOZRW0xzmY8

https://youtu.be/yhqjq3-nh_I

https://youtu.be/Q6xlmk7JA4Y

https://youtu.be/-z5CqRohuyw

 

「FADO(Yoko ,Masa e Masa)」

https://youtu.be/6kRq2HtAmtU

 

「富田喜子」

https://youtu.be/s1u-B2KGjs0

https://youtu.be/sjwwHyAZ0ls

https://youtu.be/5tMQUcKASas

https://youtu.be/NHXlCkZRPCg

| | Comments (0)

September 16, 2020

ギター教室 692. 「調性感と演奏」(その1)

 ギター教室の話題。

 完璧な調性感を身につけ、ギターを自由自在に操ってアドリブ演奏できるようになるためには、様々な技能と知識が必要です。

 自分や生徒に欠けていると思われる部分について分析してきた中で、「調性感」についてこれまでに発見したことを何回かに分けてお話ししたいと思います。

 コンプレックスを抱えていて、向上心のある人には、役にたつ部分もあるかもしれません。

********* ここから本文 *********

 西洋音楽では、調性の存在を前提に演奏します。

 調性とは、平均律(1オクターブを相乗平均的に12分割して人工的に作った音列=12個の半音階)からいくつかの音を選抜して作った音列(=音階、スケール)の持っている「雰囲気のこと」を言います。

 代表的な音階に、長音階(メジャースケール)「ドレミファソラシ」があります。

 これを元にして、様々な音階のバリエーションが生まれていると考えられるので、まず、長音階の雰囲気(メジャーの調性
感)を身に着けるのは基本であると思います。

 さて、調性感を身に着ける、というのは一体どういうことを指すのでしょうか?

********* ここまで *********

 

| | Comments (0)

September 13, 2020

本日の研究(2020/9/13)

★FADO動画第二作め(FADO TANGO)

 YOKOさんとFADO動画2作目を作るため、ビオラとポルトガルギターを弾いて、ガイド音源(カラオケ)を作りました。

 ちなみに、FADO TANGOというのは、クラシックファドの曲名(形式名)です。いわゆるタンゴとは無関係です。

 それはそれとして、ガイド音源なんか作っていると、自分の下手さに嫌気がさしますが、そこは「向上の余地がある」という前向きな言葉に常に置き換えます。

 常に向上している実感を持つことが、生きる希望なのです!

 

★HPお手入れ

 見やすくなるように、お手入れをしています。

 ダウンロード販売している楽譜のリスト作りました。

http://bordona.music.coocan.jp/score.html

 

★今後の音楽活動展望

1. YOUTUBEで、「チャランゴ」「ポルトガルギター」「ギター」のソロ、アンサンブルの演奏動画を発表していきます。

 目的は、作品を残すこと。制作には、時間と労力がかかるので、できても月に一本のペースでしょうね。 

2. ギターの編曲譜面をダウンロード販売。目的は、自分の編曲を他の人に弾いてもらうこと。それが作品を残す意味になるから。
3. CDも半年後くらいにもう一枚作ります。

4. 性分としては、一歩もうちを出ないで制作活動だけしていたいのだが、たまには、ライブもやります。

 

 

| | Comments (0)

September 12, 2020

アディオス・ノニーノ楽譜など

・「ADIÓS NONINO」(フルート+ギター、または、バイオリン+ギター)の楽譜

 本日、公開されました。

https://store.piascore.com/publishers/536

 ただいま制作進行中の、新作CD「El Amanecer」に収録してあるのと同じ内容です。

 

・「LIBERTANGO」(フルート+ギター、または、バイオリン+ギター)の楽譜

 こちらは、ただいま、使用許可をいただけるよう申請中です。

 

・演奏会のお知らせもさせていただきます。

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

| | Comments (0)

September 07, 2020

新作CD その後

 バイオリンとギター タンゴ・デュオ 新作CDは、9月末までには完成見込みです。

「El Amanecer」Violín y Guitarra del Tango vol.1

1 El amanecer (ROBERTO FIRPO) 1914

2 La cumparsita (G.H. MATOS RODRIGUEZ) 1917

3 Griseta (ENRIQUE PEDRO DELFINO ) 1924

4 Desde el alma (ROSITA  MELO) 1917

5 Uno !… (MARIANO MORES) 1943

6 Taquito militar (MARIANO MORES) 1952

7 El día que me quieras (CARLOS GARDEL) 1935

8 Por una cabeza (CARLOS GARDEL) 1935

9 Golondrinas (CARLOS GARDEL) 1934

10 Adios Nonino  (ASTOR PIAZZOLLA) 1959

11 Libertango  (ASTOR PIAZZOLLA) 1974

12 Escualo  (ASTOR PIAZZOLLA) 1979

13 Milonguita de la Anunciación  ”Yo soy María”  (ASTOR PIAZZOLLA) 1968

14 Nada (JOSÉ DAMES) 1944

という内容です。

 40年以上前にギターを始めた時には、ギターは一生続ける、ギターくらいは全うしたい、と思ってやってきましたが、
まさか、自分が編曲して、こんな高尚な内容のCDを作るようになるなんて想像もしていなかった。

 ギターを始めた当初から、自分が尊敬し目指すのは、完全自作自演ができるミュージシャンでした。ピアソラみたいに!それは、現在でもそうです。

 このCDは、偉大な作曲家が作った素晴らしい作品を、自分好みに編曲して演奏しているものなので、本来自分が目指してるミュージシャン像とは違う。でも、タンゴは「編曲」の音楽でもあるので、これも立派な音楽制作なわけです。タンゴに出会ってから「編曲」能力も開発して来られたことは間違いない。ピアソラだって最初は、トロイロ楽団の編曲をやってたんだし。なんでも勉強ですね。

 

 

  

 

 

| | Comments (0)

富田喜子さんのYOUTUBE

 いつもライブでご一緒している富田喜子さん(Vo)のYOUTUBEチャンネルが開設されました。

https://www.youtube.com/channel/UCjyXR3O9Aout7YW9TBZG3sQ

 いい歌ですね!

 

 ここにある4本の動画は、同時演奏+リモート演奏で作成したものです。

 私も参加していますが、後から、当研究所スタジオにて、BASS VIを弾きました。

 このバンドほどBASS VIが似合うバンドは他にないのではないでしょうか。

 ギターみたいに弾きまくることもできますが、ちゃんとベースの機能も果たしてくれる素晴らしい発明品だと思います。さすが、Fenderです!自分のは、Squierですけど。いい音ですよ。

 ちなみに、11/29にライブをする予定です。11月になったらご案内しますね。

 

 動画作成手順;

1. 7/30に、富田さんの歌の教室にお邪魔して、深見真理子さん(p)と富田さん(vo)の同時演奏を録画&マルチ録音

2. 持ち帰って、飯泉がBass VIを録音&録画

3. 音源を平島聡さん(cajon)に送って、録画&録音していただき、こちらに送ってもらう。

4.全ての音源をDP10でMIX,MASTERING

5. 2mixと4人分の動画をPowerDirector17で編集。書き出し。

| | Comments (0)

September 06, 2020

HPリニューアル

 昨日からずっとHPのリニューアル作業をしていました。

 1999年のHP開設以来20年以上(!!!)、ずっと、増築改築でやりくりしてきましたが、もう限界、、、、と思ったので、完全に書き換えました。

 http://bordona.music.coocan.jp/

 思うように作れてないところは、だんだん手直しですが、自力でメンテナンスできる範囲で作るというのがコンセプトなので、複雑化はしません。

 ちなみに、参考にしたのは、こちらの本です。少しHTMLの経験がある人ならCSSが初めてでも、この本は理解できると思います。

| | Comments (0)

August 21, 2020

バイオリンとギター タンゴデュオ 新作CD(編集とミックス)

 無事レコーディングが終わり、ただいま、DP10を使って、編集、ミックス作業中です。

 日々、少しずつ進めてきて、いよいよ、詰めの段階、完成間近となってきました。

 今回のCD制作は、完全独立のブースで録音したため、編集の自由度が大きいのが特徴。

 ありがたいことに、録音自体より、その後の編集・ミックス作業の部分に時間をかけることができています。

 

 10/4のコンサートでお披露目予定。http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

 

| | Comments (0)

August 13, 2020

古関陽子さんのYouTubeチャンネル

 一本めの動画をYokoさんのチャンネルにアップロードできましたので、ご紹介させていただきます。

https://youtu.be/VJ6GNEsregE

 

 チャンネルの細かい整備はゆっくりと少しずつ進んでいくことでしょう。

 また、動画も少しずつ増えることと思います。

 

 自分にとっては、一緒に演奏して、一番、リスボンの生の現場を感じる歌手です。

 

 

 

 

| | Comments (0)

August 12, 2020

リモート動画ファド(Yoko,Masa e Masa)

  今後は、生演奏の機会が激減するであろうFADOの動画をFadistaYokoさんの協力で作りました。

 完全リモートで演奏しています。

https://youtu.be/6kRq2HtAmtU

 まずは、自分のチャンネルで公開しますが、Yokoさんのチャンネルで公開されたら、そちらもご紹介させていただきますね。

★Yokoさんの紹介

 Yokoさんは、リスボンのファドの現場で地元の人に愛されたファド歌いです。自分もリスボンを訪れる度に、一緒にファドの現場を体験させていただいた恩人でもあります。

 数年前に、日本に帰ってこられてからは、ファド活動を一緒にしてきましたが、今回のコロナウイルス騒ぎで、生演奏の場が持ちにくくなったことで、生演奏再開に備えての意味も含め、Youtubeで活動していくのもいいではないでしょうか?と提案・お誘いしたのがきっかけで、今回の動画作成になりました。

★やってみた感想

 自分が知っているリスボンファドの雰囲気になっていて、自分自身感動でした。さすがYokoさんです。

 自分のビオラは、こんなスタイルですので、これでOKと思ってます。録音一回で決めました。

 問題は、ポルトガルギターですね。

 これは、多岐に渡った役割で活躍する楽器なので、曲全体をあらゆる方向から知り尽くしていないと弾けないし、また、ポルトガルギター独特の技法も混ぜておかないと、今まで何勉強してたの?ってなってしまうので、練習がてら50テイク以上録音しました。現状、これが精一杯というのが、2テイクくらい続いたので、最後のバージョンを採用して、ここに収めてあります。

 今後、リスボンファドの動画を作るたびに、上達していくことは間違いない。この活動は、すごくいい練習になります。

 

★動画の作成手順;

1. ビオラとポルトガルギターの入ったガイド音源(Zoom R16でマルチ録音)をYokoさんに送る

2. ガイド音源をカラオケにして、Yokoさんの歌の動画を作って自分に送り返してもらう。

3. Yokoさんの動画から歌だけ抜き出して、DP10でガイド音源と同期(手動ですが)させたあと、R16に戻す。

4. R16で、全体を再生しながら、ポルトガルギター、ビオラの部分を動画を撮影(Zoom Q2n-4k)しながら差し替えする。

5. R16で録音した音は、DP10でミックス、マスタリング。2mix完成。

6. 2mixとビデオ3本と合わせてWindows10 PowerDirector17で編集。動画完成。

 

 

| | Comments (0)

August 04, 2020

レコーディング経過報告(バイオリンとギター タンゴ・デュオ)

★経過報告

 ここまで、レコーディング4日間で10曲録音したところです。

 残り3曲を8/6に録音して、レコーディング自体は完了予定です。 

 夏ということで、ブースの中は暑いのですが、クーラーで冷やしながらやれば、録音作業もできるということもわかりました!

 

★ミックスと編集

 レコーディング完了した曲のミックスと編集を並行して進めています。

 今回は、完全に2つのブースに分けて一発録音しているので、

1. いざとなればそれぞれの楽器の部分差し替えが可能

2. ついでにミックスが、楽かも

 さらに、アコースティック・デュオですので、DigitalPerformer10の純正プラグインを使い切る方向でいいものに仕上げていきたいです。

 

★久々のコンサートは、10/4さいたま市民会館うらわ 

 コロナウイルス対策を十分しながら開催しますので、健康な音楽ファンの方は、ぜひ、いらしてください。

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

 

 

 

| | Comments (0)

July 20, 2020

本日の研究(2020/7/20)

★ノイズについて

 ノイズを活用するっていうのは、捨てる音があるからリズムが活きるっていう発想と同じですね。ゴーストノートを活用するってだけの話なんですが、そう、やっと、実体験でこれがわかってきました。

 ここからです。楽しいのは!

 

★昨日のレコーディング

 ここまでで、8曲は録音できました。実質2日(のべ7時間くらいかな)で8曲ですから優秀ですね!

 これから、何曲かは、少し手直しするかもしれませんが、個人的に、手直し編集もできるようになりたい技能ですので、それも前向きに考えています。

 8月中にはマスタリングまで完了したいところです。この調子ならできます!

 

★YOUTUBE

  ギタリストとしての自分の方向性(再現音楽、即興音楽、ギター音楽)を紹介したチャンネルです。

ご覧くださいね。

 https://www.youtube.com/user/oblivion332

 ちなみには、私はユーチューバーでもなければ、その予備軍でもございません。

 音楽家で、ギタリストです。音楽活動を紹介する方法としてYOUTUBEにチャンネルを作りました。

 

| | Comments (0)

July 17, 2020

アルゼンチンのギター音楽(その6)

 アベル・フレウリ先生の作られたミロンガ「AUSENCIA( アウセンシア)」を弾いてみました。

 ちょうど1年前(2019年6月)、アルゼンチンにフィールドワークへ向かう直前の録画です。

https://youtu.be/xy3l2Vq2l-M

★演奏解説

 この曲は、Cmに転調してからは、3フレットをセーハしたまま演奏するということで演奏されている人をよく見かけます。ロベルト・ララ先生がつけた譜面の運指をみてもそうなっています。

 しかし、この方法だと、ミロンガのリズムを完全コントロールするのが難しいのです。リズムは、発音のタイミングと音が消えるタイミングによって作られます。譜面の運指だと、リズムの完全コントロールが自分にはできそうもないという問題を感じたため、自分は、フレーズ単位で、左手のポジションを変えるという方法で演奏してみました。ポジションを変えているところがフレーズの境目です。右手の大変さを左手のポジション移動で助けるイメージです。

 これを演奏してから1年後の今、見返しても、この方法は正解だったと思います。

★AUSENCIAの意味

 スペイン語で「存在しない」という意味です。何かが存在しない、寂しい気持ちを表しているんでしょうね。

 

 

 

| | Comments (0)

July 16, 2020

本日の研究(2020/7/15)

 

★レコーディング2日め(7/15)

 バイオリンとギター タンゴ・デュオのレコーディング、昨日(7/14)に引き続き2日目でした。

 今日は、昨日の録音のやり直しも含め、なんと5曲も録音できました。

しかも、全曲2,3テイクでおさまっていて、全部OKテイクにできる内容です。すごいですね。

 この調子で、しっかりといいものを作って行きたいです。

 

★ギターのノイズコントロール

 ギターは、指が弦に擦れる音などノイズが出やすい楽器です。

 今回、レコーディングしていて、ノイズを出ないようにコントロールするのではなくて、ノイズをコントロールしてリズムの一部として積極活用の方向で行くのが、まさに今完成させるべき技術だということを発見しました。

 日々、進化していく過程を演奏で表現していきます!

 

★演奏活動再開は10月

 10/4と10/25の2回、コンサートがありますが、いずれも、新作CDを紹介するコンサートになります!!

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

July 10, 2020

本日の研究(2020/7/10)

 九州地方は、大雨で大変なことになっていますね。

 今年は、コロナウイルス問題だけでも厄災の年、だというのに、本当に、熊本の方は、気の毒です。

 自分の場合、今のところ健康だし、経済的な落ち込みだけですんでいるので、まだまだマシなほうなんだなと思います。

 音楽事業の面で自分が今できるのは、何かを制作することだけですので、やれることを精一杯やる、という当たり前のところに立ち返って、生活しています。

 「そうか、今年は、制作と研究の年だったのか!」と、今頃気づいたところ。

★レコーディングの準備

 ギターパートの細部を検討。

 成功率が異様に低い部分、、、、そんなものあってはいけないのだが、あるんですよ、とほほ。それを根絶する!今できないものは一生できない。今、結論を出す。という意気込みでやっています。普通ですけど。再現音楽だから、譜面に問題があるとどうにもならないので、そこも含め、ただいま、検討中です。

★当分、アドリブ研究は、お休みします。

 レコーディングの目処がついてきたら、また、気持ちを新たに始めることでしょう。

| | Comments (0)

July 08, 2020

NOCHE DE LUNA LLENA (リモート合奏)

 ケーナ高橋マサヒロさんとのリモート合奏5曲め。

https://youtu.be/k9rpNE2VDbE

★曲目解説

 ボリビアのトラディショナル曲です。リズムは、カルナバリート。これもアンデス音楽ですね。

★動画の作成方法

 今回、ギターは、ベルナベ。マイク録音しました。

 マイクAT4047 マイクプリアンプ Presonus TUBEPRE(VER1)

 です。

 全体の段取りは、いつもと同じですが、実は、DigitalPerformer10の新たな使い方を発見したので、ミックスの仕方が違います!わかんないよね!?いいんです!自己満足です。

 

★CD「ケーナとギターの夢」Vol.3

 こちらの新作CDに収録されています。

http://bordona.music.coocan.jp/cd.html

 

★「ケーナとギターの夢」次回コンサート

10/25にやります。定員をスカスカに減らしてやりますので、安心して、ぜひ、聴きにきてくださいね!

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

 

| | Comments (0)

ギター教室 691 「効率の良い練習」

 ギター教室の話題。

 

「効率の良い練習」は、存在しません。

「正しい方向性を持った練習」なら存在します。

 

 「効率よく」の裏側には、「最低限のコスパの良い努力で」という甘ったれた文言が隠されていますね。

ギターが好きな人は、そうは考えない。「いくらでも必要なだけ、十分に!」「最大限に」としか考えません。

 

 ちなみに、「趣味用の練習」「プロ用の練習」とかも存在しませんよ。「実力に応じた練習」なら存在します。

 

 と言うわけで、当ボルドーナ・ギター教室では、「正しい方向性を持った練習」「実力に応じた練習」

のみ指導しています。

 

 

 
 

| | Comments (0)

July 05, 2020

本日の研究(2020/7/5)

 いよいよ、1週間後から「バイオリンとギター タンゴデュオ」レコーディング開始です。

 今、そのための準備をしています。これまでも、少しずつ進めてきたのですが、いよいよ、準備が大詰めとなってきました。

 

★スタジオ改造(ハード面の準備)

 1. 当研究所には、贅沢にもブースが2つあるのですが、これを同時に使用するため、ケーブルを通せるよう改造。

 2. スタジオのドアの開け閉めが楽にできるよう、改装。え?どういうこと?今までは、結構、コツが必要だったんですよ。ちょうどいいグレモンハンドル が手に入らなかったため、工夫して密閉扉を自作したのですが、密閉度半端ない!って状態になっていて、閉めるのに結構な腕力が必要でした(笑)

 

★レコーディング用譜面・再検討(ソフト面の準備)

 これまでのギターパートの譜面をもう一度、確実に演奏できるよう再検討しています。再現音楽なので、元になる譜面の情報は大事です。ついでに、譜面の出版に備えて、手直しもしてます。

 何しろレパートリーが多いので、まさか全部は録音できないのですが、ひょっとして、うまくいけば、CD2枚分くらい録音できるかも笑!いやいや、欲張るより、まず質の高いものを作ることを第一に考えていきます!

 

★譜面浄書

  PIASCOREで販売するための譜面(ソロギター)を日々、浄書しています。新たに編曲しているわけではないので、浄書です。

 

★ホームページを作り直そうと思います

 そのため、今、HTML,CSSについて、学び直しています。この作業、ただのプログラミングと違って、デザインが絡んでくる話なので、そこが楽しくもあり、難しさでもありますね。

 今は、音楽制作以外のことに頭を使いたくないので、作業開始は、8月になってからだろうな。でも、3日間くらいでやります!

| | Comments (0)

«アルゼンチンのギター音楽(その5)