ギターラ・クリオージャのエレアコ化

 機材のご紹介です。

 昨年、ブエノスアイレスに滞在した時、CASA NUÑEZのギターを1本購入してきました。
 これをライブで使えるようにするため、ピックアップをつけた、というお話。

ピックアップは、素直にLRBAGGSとかにすることも考えたんですが、
http://www.ariaguitars.com/jp/items/other-brands/shadow/shadow-original-technologies/nanoflex/を読んで、これは!良さそう!と使ってみたくなってしまい、SHADOWにしました。ドイツ製だし。信用できそうな気もしますしね。まあ、ダメなピックアップだったら、あとでLRBAGGSに載せ替えればいいし、と考えました。

ちなみに、この工作、お願いしたのは、いつも信頼してお願いしている
http://guitar-lab.com/
です。

ところが、このピックアップ、ものすごく感度がいいので、タンゴとかフォルクローレとかで強く弾くと、歪んでしまったんですよね。それで、もう一度、guitar-labで診ていただいたんですが、色々調べていただいて、その原因がわかり、付け直してもらって無事解決しました。取り付けにコツがいるみたいです。そのコツについてはguitar-labの技術の秘密なので、ここでは触れないでおこうと思います。

さて、そんなこんなで、実際のライブで、このギターを使うのは、昨日の富田喜子さんのライブで2回目です(1回目は、1月の新座での、ケーナとギターの夢コンサート)。

 二回、ライブで使った感想ですが、このピックアップ、ものすごく低音がしっかり出ます。あと、弦振動だけでなくボディ・ヒットも拾います。エアー感もあります。ピエゾピックアップの変なクセもなく、限りなく生音に近い感じです。その割に、バンドの中で埋もれない音圧が出て、これはなかなかいいですよ!

 見た目上、なるべくシンプルにしたかったので、ボリューム、トーンのないタイプにしましたが、外付けのプリアンプZOOM A-3を通してますので、それで不自由なく使えてます。

 今後、自分は、この楽器を一生使おうと思います。 

 SHADOWのピックアップを導入しようかな?とお考えの方は、参考にしてください。
 

">

| | Comments (0)

June 17, 2018

6月7月の演奏会

演奏会のご案内です!!
音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!

⭐︎ 6/17(日) 午後  恵比寿 
富田喜子 シャンソン

⭐︎ 7/1(日) 午後 浦和
ケーナとギターの夢 フォルクローレ

⭐︎ 7/15(日) 午後 四谷
YOKO ,TAKU e MASA ファド

詳細は、http://bordona.music.coocan.jp/live.htmlをみてください!!!

| | Comments (0)

May 10, 2018

ギター教室 648 「耳の訓練=頭の訓練」

 ギター教室の話題。

「音当てクイズに答えられるのが音感のよさを表す」
というのは誤解です。

「与えられた(イメージした)音階、和声」

「演奏、歌、作品」
が直接結びついている状態を音感が良いと言います。

「音感、知性、感性」
を技術と捉えて訓練して行きましょう。

| | Comments (0)

May 01, 2018

5月の演奏会

 5月の演奏会のご案内です。

5/19(土)愛媛県・松山 ファド
5/26(土)東京都・渋谷 ファド

両日ともポルトガルギター弾きまーす。
音楽ファン、ファド好きの方はもちろん、ファドはよく知らないがポルトガルギターには関心があるよ、という方も是非是非、この機会にご来場ください。
ご希望なら、楽器や奏法に関するお話もできますよー。

詳細は、
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

April 30, 2018

「バイオリンとギター タンゴ・コンサート 4/30」

 音楽ファンのみなさま、本日は、暑い中、ご来場ありがとうございました。
  
  今後も、歴史と文化を踏まえつつ、タンゴの普遍性と演奏者の個性を両立した演奏を目指したいと思います。

  コンサート終盤、左手がつっちゃって、冷や汗ものでしたが、どうにか演奏は乗り切りました。ペース配分を考えず、夢中になって弾いてるとそういうことになるんだなーと学びました。
  次回は、そういうことのないよう対策しておきます。

 次回のバイオリンとギター タンゴ・コンサートは、9/30です。音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています。

| | Comments (0)

April 25, 2018

ギター教室 647 「ギター教室ご案内」

 ギター教室のご案内。
  
  「ギターを初歩から正しく学びたい。」「自分でも積極的に研究していきたい。」という学習・研究意欲の高いギター学習者からの問い合わせをお待ちしています。(未経験者歓迎)

  メール(masahiro.iizumi@nifty.com)でお気軽にどうぞ。
 

| | Comments (0)

April 21, 2018

バイオリンとギター タンゴ・コンサート

 コンサートのご案内。

アルゼンチンタンゴを演奏するコンサートをやります。
音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!
当日券もございます。お気軽にご来場くださいね!

『 VIOLIN Y GUITARRA DEL TANGO - 浦和 vol.13- 』
4月30日(月・振替休日) 14:30開演(14:00開場)
  ○会場 さいたま市民会館うらわ(8F コンサート室)
  ○出演 飯泉昌宏(ギター)、専光秀紀(ヴァイオリン)

詳細:
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

April 18, 2018

ギター教室 646 「ギターを弾ける 2」

ギター教室の話題。

 ギター教室では、何か課題曲の五線譜を弾けるように指導する、というレッスンが多いのですが、

 これを通して一番学べることは、
「譜面には書かれていない(書きようがない)部分の体の動き。」
です。

 つまり、書いてある音を的確に表現するための身体的準備ですね。
 音を出していない時の、指の動きとかね。左右のコンビネーションの原則とか。
 
ここまでは、ギター独奏(ソロギター)を弾きたい人は必ず勉強する必要があります。

| | Comments (0)

April 16, 2018

ギター教室 645 「ギターを弾ける」

 ギター教室の話題。

   「イメージして歌う通りにギターでも音が出せる」
  即興でスキャットしながらギターで、スキャットと同じフレーズを弾くジョージ・ベンソンのように。

 自分自身と楽器と音楽が一体になってないとできません。

つまり、これ、「ギターを弾ける」って言える一つの基準なんでしょうね。

 ちなみに、自分の場合は、「こういうところが苦手」「ここが課題」って言えるところまではきました!笑
 ギターを弾けるようになりつつある、っていうとこですね!

| | Comments (0)

April 03, 2018

八戸でFADO

 今年も、青森県は、八戸・BAR SAUDEで、FADOのライブを開催します。

 4/6金、4/7土の二日間で4回ありますので、お近くの方はぜひ聴きにいらしてください。
ポルトガルギターに関心のあるギターファンのご来場もお待ちしています。

 BAR SAUDEは、食事がほんと美味しいので、こちらも楽しんでください!

詳細

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

March 28, 2018

「約束 La Promesa」 ソロギター・譜面

オリジナル曲の「約束 La Promesa」 ソロギター編曲の譜面をDLMARKETにて販売することになりました。

この曲は、2002年に作曲し、ずっと演奏し続けている作品です。

 この曲のソロギター編曲は、かつて現代ギターに掲載させていただきましたが、今回発表するのは、それを長い間弾き続けブラッシュアップしたものです。一つの最終形と言って良いと思います。
 ちなみに、CD「タンゴとギター」に収録されているバージョンとほぼ同じです。

五線譜に運指をつけるとごちゃごちゃになりそうだったので、思い切ってTAB譜をつけました。五線譜から解読できない方は参考にしてください。

ギター愛好家の皆さんに弾いていただけたら幸いです。

【「約束 La Promesa」ソロギター譜(五線譜+TAB譜)】

| | Comments (0)

「淡き光に A Media Luz」 ソロギター・譜面

「淡き光に A Media Luz」のソロギター編曲の譜面、ダウンロード販売を開始しました。

内容は、ソロギター作品集CD「タンゴとギター 2」に収録されているものと同じです。

ずっと以前に、現代ギター社から発表したものですが、そちらはすでに絶版になっています。
ですので、下のダウンロードサイトDLMARKETからお求めいただけたら幸いです。

今回は、五線譜だけのバージョンに加え、「五線譜+タブ譜」というバージョンも用意しました。
五線譜が苦手な方は、せっかくですので、無理せずタブ譜を手に入れてください。

【「淡き光に ア・メディア・ルス A media luz 」(タンゴ)ソロギター譜(運指付き TABなし)】

【「淡き光に ア・メディア・ルス A media luz 」(タンゴ)ソロギター譜(運指付き TAB付き)】

| | Comments (0)

March 22, 2018

「María Elena」ソロギター・譜面(新作)

 メキシコのボレロをギターソロ用に編曲しました。
 比較的平易な編曲で、クラシックギター・スタイルのソロギター(メロディと伴奏を同時に弾き分ける)の初級者にはなかなか良い教材になりそうです。

今回は、TAB譜もつけました。

ギター愛好家の皆さんのダウンロードをお待ちしています!

【「マリア・エレーナ María Elena 」(ボレロ)ソロギター譜(TAB付き)】

| | Comments (0)

March 18, 2018

ギターのための編曲楽譜

 譜面のダウンロード販売のご案内。

 DLMARKETで、わたくしの編曲したギター、チャランゴのための譜面を発表しています。

https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=16166

  来週以降の予定ですが、以前、現代ギター社から発表したものですでに絶版になってしまっている編曲譜面を中心に、たまに新作も交えて発表していきますので、関心のある方はチェックしてみてください。

 

| | Comments (0)

March 01, 2018

ギター教室 644 「教室とは(その2)」

 ギター教室の話題。

 つまり、各教室の先生それぞれは、生き方の違いゆえに技術にも高い専門性を持っていると期待できるわけです(普遍性がないと言うわけではないです)。

さて、ここからは、学び手の話になります。

教室で習うには、師事する先生の考えを理解し、その教えに素直に従うことが大事になります。

 例えば、右手の技術についてうるさく言う派、のギタリストもいれば、左手こそ大事だ、と言う派のギタリストもいるでしょう。一見全く相容れない主張ですが、それぞれ、何か大事な本質について語ろうとしているのだなと見るのが正しい学び手です。

 一体何を言おうとしているのか?その本質を考えながら、先生から自分の持っていない専門性をたっぷり吸収しましょう。
 

 

| | Comments (0)

February 28, 2018

ギター教室 643 「教室とは」

ギター教室の話題。

 田舎育ちの自分としては、地元にギター教室があれば、ぜひ通いたかった。なかったから、仕方なく独学でした。中学、高校の頃の話です。

 本当に音楽にどっぷり行く人だと、どんどん自分で情報を集めて、どうにかやって行くのでしょうけど、高校時代までのギター音楽と言えば、ロックは嫌いだったし、フォークくらいしか耳にする機会がなかったので、どっぷりとはいきませんでした。ちょっとしたオタクくらいな感じでゆるゆる続けていました。

 大学に進学するにあたり、東京に出てきて、ジャズに出会います。さすが東京です。ありとあらゆる音楽がある(ように見えました)。これだと、思い、ギター教室(ジャズ)に通いはじめました。

 この教室には、8年お世話になり、その後半は、クラシックギターの教室にも通いはじめました。(ダブルスクール状態)。
 それからは、自分の演奏スタイルをつくりあげるため、しかるべき先生に必要な教えを単発で受けるというのを繰り返し、今に至ります。
 直近では、昨年の8月、アルゼンチンでサンチャゴ・デル・エステーロ出身のギタリストに数回レッスンを受け、チャカレーラなどについて学んできました。

 ここまでで、わかったことは、
「技術は求める音楽性に応じて身について行くものだ。求める音楽性を具体化・身体化したものが演奏技術だから」
ということです。
 
そういう意味で、演奏者のありとあらゆる姿が演奏に反映されるものだ、と言えそうです。

 そういう真剣勝負の場なんですよね。音楽って。
 だから、ひるがえって、教室も真剣勝負の場です。

| | Comments (0)

February 18, 2018

「ケーナとギターの夢 2/25」

 コンサートのご案内。

2/25の午後、さいたま市でコンサートやります。

演目は、南米のフォルクローレが中心で、「ケーナとギターの楽器の可能性を追求して続けてきた結果、現在はこういう音楽になってます。」という内容です。

だいぶ前のレパートリーですが、1曲だけフォルクローレじゃない曲「アメイジング・グレイス」もやります。
今やってみると、これも、結構良い編曲だよねー、と思います。

音楽ファンのご来場をお待ちしています!


 『 ケーナとギターの夢 - 浦和 vol.33- 』
2月25日(日) 14:30開演(14:00開場)
  ○会場 さいたま市民会館うらわ(8F コンサート室)
  ○出演 高橋マサヒロ(ケーナ、サンポーニャ、etc) 
      飯泉昌宏(ギター、チャランゴ) 

詳細:
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

February 07, 2018

ギター教室 642 「根性や気合い」

ギター教室の話題。

 演奏に根性や気合いは、集中力の一つの形でしょう。だから演奏には必要な要素だと思います。
  
 が、それもコントロールされなければ役に立ちません。
 気合いを入れたら、それだけで終わってしまった、、、、、なーんてのも人間ではあると思いますが、演奏のほうが人間の気分的なものより上位にあるべきだと考えれば、流されて、制御不能になっていいわけないと思うのです。

 コントロールされないのであれば、むしろ、「根性や気合いが不要な方法で演奏したほうがいい」、という場合もあります。
 そして、それには、「無理しない」というのが一つのキーワードであろうと考えます。
 
 「現状の技術で弾けないものは、気合いで処理と考えず、他の方法に置き換える。」その上で「根性とか気合い」を活用しましょう。
 

| | Comments (0)

February 01, 2018

ギター教室 641「厳しい?普通でしょー」

 ギター教室の話題。

  演奏は様々な知識と技能の集大成です。

  知識は、本や経験から学べます。でもやらないと学べません。西洋音楽の成り立ち、音階、和声、五線譜の仕組み、リズムとは何か、ビートとは何か?きっちり学んでいるでしょうか?
 こういうお勉強が苦手な人も、先延ばしにしないで少しずつでも学んでいきましょう。せっかくセンスはいいのに、そこがボトルネックになってしまうのはもったいないです。

  また、演奏の技術は、技術だけが独立して身につくものではなく、その演奏家のあり方に相応しいものが身について行くものです。あり方とは、「こういう音楽を作りたいんだ!」とか「音楽はこうあるべきなのではないか?」とかいう哲学的なものです。
  「こういう音楽ができたらいいなー」という希望に相応しい技術が身について行くのです。

  ギター(楽器)の上達に必要なこと
1. 基礎を学ぶ
2. 知識を学ぶ
3. 哲学や理想を持つ
4. 実現に向け努力を惜しまない

 頑張りましょう。人生はあっという間に過ぎていきます。
 

| | Comments (0)

January 12, 2018

ギター教室 640 「アルゼンチンタンゴ」

 ギター教室の話題。

 アルゼンチンタンゴをギターで弾くにはどういう技術と知識が必要かというお話。

 ギターの奏法には、「指弾き」「ピック弾き」があって、どちらでもいいんですが、表現によって奏法を使い分ける人もいれば、いずれかの奏法しか使わない奏者もいます。そこは奏者の自由です。
 
 ウーゴ・リーバスなんかは、どちらでもいけるけど、自分の表現はピック弾き、と思っているみたいで、基本ピック弾きだし、ルイス・サリナスは、アコースティックはもちろんエレクトリックを弾くときでも指弾きです。
 
 ちなみに、わたしは、クラシック・ギタースタイルの指弾きですね。
 エレクトリックを弾く機会があっても、指弾きにするかなー。

 どちらにしても、アルゼンチン・タンゴを聴きまくって、表現の特徴を掴まないと弾けません。

 自分は、アニバル・アリアスに習ってる時は、目の前に本物のお手本があったわけなので、先生そっくりに弾けるようになるのを目指して練習しました。その時、掴んだ、ああタンゴの本質はこれか、というのが現在の基本になっています。

 タンゴは、アルゼンチン流のクラシック音楽のような側面もありますから、西洋音楽の基本的な知識が必要なのはいうまでもありません。

 
 
 

| | Comments (0)

«ギター教室 639 「演奏の目標」