本日の研究(2020/7/5)

 いよいよ、1週間後から「バイオリンとギター タンゴデュオ」レコーディング開始です。

 今、そのための準備をしています。これまでも、少しずつ進めてきたのですが、いよいよ、準備が大詰めとなってきました。

 

★スタジオ改造(ハード面の準備)

 1. 当研究所には、贅沢にもブースが2つあるのですが、これを同時に使用するため、ケーブルを通せるよう改造。

 2. スタジオのドアの開け閉めが楽にできるよう、改装。え?どういうこと?今までは、結構、コツが必要だったんですよ。ちょうどいいグレモンハンドル が手に入らなかったため、工夫して密閉扉を自作したのですが、密閉度半端ない!って状態になっていて、閉めるのに結構な腕力が必要でした(笑)

 

★レコーディング用譜面・再検討(ソフト面の準備)

 これまでのギターパートの譜面をもう一度、確実に演奏できるよう再検討しています。再現音楽なので、元になる譜面の情報は大事です。ついでに、譜面の出版に備えて、手直しもしてます。

 何しろレパートリーが多いので、まさか全部は録音できないのですが、ひょっとして、うまくいけば、CD2枚分くらい録音できるかも笑!いやいや、欲張るより、まず質の高いものを作ることを第一に考えていきます!

 

★譜面浄書

  PIASCOREで販売するための譜面(ソロギター)を日々、浄書しています。新たに編曲しているわけではないので、浄書です。

 

★ホームページを作り直そうと思います

 そのため、今、HTML,CSSについて、学び直しています。この作業、ただのプログラミングと違って、デザインが絡んでくる話なので、そこが楽しくもあり、難しさでもありますね。

 今は、音楽制作以外のことに頭を使いたくないので、作業開始は、8月になってからだろうな。でも、3日間くらいでやります!

| | Comments (0)

July 03, 2020

アルゼンチンのギター音楽(その5)

 ABEL FLEURYの作品「Chamamé」を弾いてみました。

https://youtu.be/kOaYReDyCXc

 

★チャマメとは

 チャマメは、アルゼンチンのコリエンテス地方(パラナ川を挟んでパラグアイに隣接している地域)の音楽で、ダンス音楽です。

 有名な曲としては、 Merceditasとか、KILOMETRO 11とか、テレサ・パロディのPedro Canoeroとか、アントニオターラゴロスのMaria Va とか、レオンヒエコのCaritoもそうだっけかな。たくさん、ありますね。

 

★ ABEL FLEURYの作品「Chamamé」

 これは、チャマメの作風で作られたギター曲です。ABEL FLEURYという人は、アルゼンチン各地のフォルクローレを研究し、その作風でギター曲をたくさん残してくれた偉大なギタリストです。

 アルゼンチンのギター音楽を勉強するなら、この人の作品は必須科目だと思います。

 

★ 次回、ABEL FLEURYの作品アップ予定曲「Ausencia」

 実は、昨年6月に撮影して、アップするのを忘れていた動画がありました!さっき、音を聴いてみたら、悪くない演奏だったので、そのうち、公開しますね。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

July 02, 2020

PIASCORE (譜面ダウンロード販売)

★PIASCOREの譜面が揃ってきました
 著作権の許諾がとれて、ようやく、一昨年のラインナップが戻ってきました。

https://store.piascore.com/search?c=536

 譜面が必要な方は、ここで買っていただけたら幸いです。

 今、追加で、「LA FLOR DE LA CANERA」のソロギター譜を浄書中。これも、著作権の許諾をいただいていますので、仕上がり次第、お店に並べます。

 

★MAC OSをCatalinaにアップグレードした(

 昨年、秋、Catalinaにしたら、実用に耐えないほど遅くなったので、Mojaveに戻していたのですが、また最近アップグレードのお誘い連絡が来るので、もう一度、Catalinaにしてみた。結果、無茶苦茶速くなっていてびっくりしました。ただ、もう、32bitのソフトは動かないらしい。仕方ないね。ここまで、引っ張ったおかげで、一番大事なDigitalPerformer10,Finale26は動くのでよしとします。
 

 

| | Comments (0)

June 29, 2020

本日の研究(2020/6/29)

★Abel FleuryのChamaméを録音、撮影

 次回、YOUTUBEにあげる予定のアベル・フレウリのソロギター作品を撮影しました。

 公開は、今週末くらいかな。

★今後のYOUTUBEの予定
 ポルトガルギターで、ファドを1曲演奏してみたいです。あと、チャランゴも!

 いろんな楽器を演奏するのは、すごく勉強になるんですよ。

 

| | Comments (0)

June 27, 2020

アルゼンチンのギター音楽(その4)

ABEL FLEURYの作品 TRINOS Y ALAS(chacarera simple)を弾いてみました。

https://youtu.be/2MX6t3hEajM

 

作品解説:

 アルゼンチン最古の都市、サンチャゴデエステーロを代表するフォルクローレ、チャカレーラの形式で作られたギター独奏曲です。

 チャカレーラの仲間には、シンプレ、ドブレ、ガトー、エスコンディードなどがありますが、この曲は、もっとも原始的で基本的なシンプレです。 

 チャカレーラ・シンプレの構成は、

「コードかき鳴らしーintro-estrofa(8小節)-intro-estrofa(8小節)ーintro-estrofa8小節)estribillo(8小節)」×2
となっています。

 この譜面には、コードかき鳴らしの部分は、書いていないのですが、ここは、付け加えて演奏するのが正しい方法だし、おそらく、作者もそれを期待しているはずなので、しっかり、弾いておきました。

 そう、これで、踊れるはずです!

 

録音機材:

マイク AMATERAS 8087

マイクプリアンプ presonus tubepre(VER1の方です!) 、AMATERAS Linetrans 0001

録音ZOOM R16

ビデオ Zoom Q2n

音の編集ソフト Digital Performer10

動画編集ソフト Powerdirector 17

 

 

 

| | Comments (0)

June 26, 2020

Alma ,Corazón y Vida リモート演奏動画

 お待たせしました!

 ケーナとギターの夢、遠隔合成アンサンブル動画の第4作、「Alma ,Corazón y Vida」です。

https://youtu.be/dOZRW0xzmY8

 

★曲目解説 

 ペルーのワルツの名曲です。

 YOUTUBEの演奏は、高橋マサヒロさんの編曲で演奏しています。

冒頭、ユニゾンで始まってるのは、遠隔で合わせやすくするためという意図によるものです。

CD「ケーナとギターの夢 Vol.3」では、最初、高橋さんのソロで始まります。

 

★動画作成手順

 今回は、クリックなしでギターを最初に録音しました。

 それに、後から、高橋さんに音を被せてもらうという手順です。

 

★コンサート
 次回「ケーナとギターの夢」コンサートは、10/25(日)です。

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

★その新作CD「ケーナとギターの夢 VOL.3」

http://bordona.music.coocan.jp/cd.html

http://bordona.music.coocan.jp/hanbai.html  

 

| | Comments (0)

BORDONA BASE店 開設

ボルドーナ音楽研究所の制作したCDを販売するためのお店をBASE内に開設しました。

https://bordona.thebase.in/

直販、AMAZONでの販売も行っていますが、BASE店のご利用もどうぞよろしくお願いします。

なお、7月に、新たなCDを録音予定です!!

乞うご期待。

| | Comments (0)

June 19, 2020

ギター教室 690 「ボルドーナ・ギター教室の理念と案内」

 ギター教室の話題。

 

 当ボルドーナ・ギター教室は、音楽とギターの研鑽の場です。

 自立した音楽家を目指す、向上心、研究心、好奇心のある「学び手」のための教室です。

 自分自身が習うとしたら、こういう教室がいいなと思って運営しています。

 この理念に共感してくださる方のご相談をお待ちしています。

 

 なお、入会をご検討中の方は、教室の案内(下記リンク)に、どうぞ、一度目を通してください。

http://bordona.music.coocan.jp/kiyaku.html

 

    

| | Comments (0)

June 15, 2020

楽譜ダウンロード販売開始

Ps_logo

 お待たせしました!

 

 当研究所のギター編曲譜面は、こちらでダウンロード販売します。

 https://store.piascore.com/search?c=536

 どんどん増えて行きますので、時々、のぞいてみてくださいね!

 

| | Comments (0)

June 14, 2020

楽譜ダウンロード販売いよいよ!

 ただいま、私の編曲した曲の楽譜のダウンロード販売の準備をしています。

販売サイトは、PIASCORE、ストア名はBORDONA(ストアID:536 )です。

 まだ、店頭には何もないですけど、販売申請が承認された作品からダウンロード可能になっていくことでしょう。

 

1. DLMarketで販売してくれていた作品もPIASCOREに移動して販売継続の見込みです。ただいま販売申請中。

2. これまでの私のCDに入っている曲の楽譜が欲しいという方はメールでリクエストください。リクエストがあったものから、優先的に、PIASCOREで販売できるよう手配します。

3. ソロギター、ギター二重奏、四部合奏、フルートとギター、バイオリンとギター、について、新たな作品も増やします。 

 

 

| | Comments (0)

June 12, 2020

本日の研究(2020/6/11)

★弦交換

 SA2000Sの弦をダダリオEJ21からダダリオEXL115に戻しました。

EJ21だと張りが強すぎて指弾きでは鳴らないので、その前に張っていたEXL115だと、だいぶ柔らかく感じて、十分しならせて弾くことができます。セミアコは、フルアコよりも、ソリッドよりなんでしょうね。

★ブルース研究

 結局、「歌う」フレージングって言うことだと、マイナーペンタトニックスケールとかマイナースケールが歌える。これ、結局、コードの三度を回避したスケールですよね。コードの三度を弾かない方が歌えるっていうことが、ブルースはそもそもコードの音楽ではなかったという出自を表しているように思えてなりません。

| | Comments (0)

June 11, 2020

ROMANCE DE VIENTO Y QUENA (リモート合奏)

ケーナとギターの夢 リモート動画 第三弾!

「風とケーナのロマンス」をYOUTUBEにアップしましたのでご覧ください!

 https://youtu.be/yhqjq3-nh_I

★曲目解説

 3つの形式を合体させて作られたアンデス音楽の名曲です。アンデスは各国にまたがっていますが、これはアルゼンチンの曲です。

 昨年、ティルカラ(フフイ)を訪れた時、偶然にも宿の主人がケーナ奏者で、朝食の時間に、この曲を吹いて聞かせてくれたのですが、この曲を作った人は、素晴らしいミュージシャンなんだという解説をしてくれました。

 日本では、ケーナ教室の題材として定番だそうです。

★動画の作成方法

 これまでの2曲と同じです。なお、クリック(メトロノーム)は使っておりません。

 

★CD「ケーナとギターの夢」Vol.3

 こちらの新作CDに収録されています。

http://bordona.music.coocan.jp/cd.html

 

★「ケーナとギターの夢」次回コンサート

10/25にやりますよ!ぜひ、聴きにきてくださいね!

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

 

| | Comments (0)

June 10, 2020

ギター教室 689 「ゆっくりのテンポで練習する意味」

 ギター教室の話題。

 「弾けない箇所は、テンポを落としてゆっくり練習するとよい」

とは、長年に渡り先達からアドバイスされてきたことです。

 この詳細な理由については、意外と理解されていない人も多いと思われますので、その理由と手順について順をおって解説します。

1. ギターの演奏では、右手、左手の指(腕も)を使います。

2. 右手、左手には役割の違いはありますが、場面場面に応じて、正確に表現するのに適した位置に配置されているべきである、という点では共通です。

3. 弾けない箇所(不本意な箇所)が、なぜ、そうなるのかと言えば、物理的な理由としては、2がうまく行っていないからです。

4. 3の原因を精密に探すには、時間軸を伸ばして、相対的な自分自身の分解能をあげるしか方法がありません、、、。

5.  そこで、テンポを落として、相対的な分解能が上がった状態で、原因を探し当てる。

6. 解決する方法を考え、練習する。

となるわけです。4を演奏の特殊相対性理論とでも名付けましょうか(笑)。

 

 ギターの演奏の基礎技術でもっとも大事なのは、「基本フォームを作り上げる」ということにあります。

 曲を演奏するというのは、運動の面からいうと、「刻々と変化する腕、指の位置を正しいフォームでサポートし続ける」という作業です。

 サポートし続けられなくなったら、うまく弾けないという現象で表現されます。そもそも正しいフォームを身につけていないと、曲の出だしから、問題が起きることになります。

「正しいフォーム」とは、「ストレスなく音楽表現に集中できるフォーム」であると定義しておきましょう。ギターは、様々な使い方をされるので、こうでないといけない!という定型フォームは存在しないと思ってください。そこが、ギターの可能性であり、難しさでもあるのです。最終的には、演奏者が自ら考え作り出すものです。

 いつも、基本フォームの考察、に話を戻すと良いですね。

| | Comments (0)

June 09, 2020

NOCTURNO演奏動画

 ついに、ポルトガルギター演奏の動画をYOUTUBEにアップしました!

 まずは、ご覧ください!

 https://youtu.be/j5nB0f-DByg

 

ここから、解説です。

★GUITARRADA(ギタラーダ)

 FADOの演奏会では、伴奏のギターをフィーチャーしたインストルメンタル演奏も聴くことができます。

 これをポルトガル語でGuitarrada(ギタラーダ)と呼びますが、NOCTURNOは、そのレパートリーとして愛奏される曲です。
 この曲は、厳密にはFADOではありませんが、FADOのスピリッツを持った器楽曲です。

 この動画の演奏では、2018年にCD「FADO GUITARRADA」をレコーディングした時に、ヴィタル・ダスンサオンがつけてくれたイントロを弾いてます。

 

★一人アンサンブル演奏動画

 まず、伴奏ギター(ビオラ)を弾き、その音のプレイバックをヘッドホンでモニターしながら、ポルトガルギターを重ねて録音しました。

 使っているポルトガルギターは、2015年にスペイン在住のポルトガル人ギター製作家アレハンドロに製作を依頼して作ってもらった楽器です。

 ヴィオラは、いつものアルゼンチン製ANTIGUA CASA NUÑEZ ZCです。そう言えば、このギター、2018年にヴィタルが日本にきた時、手ぶらでやってきたヴィタルに貸し出したんでしたっけ。いい音だって喜んで弾いてましたね。

 

★CD「FADO GUITARRADA」

 CDを紹介させてください。NOCTURNOも入ってます。violaはヴィタルが弾いてます。

http://bordona.music.coocan.jp/cd.html  

 

 

| | Comments (0)

June 07, 2020

本日の研究(2020/6/6)

★ブルース研究 

 速めのテンポで練習していますが、速くなると、考え方を変えないと弾けませんね。

速さでアドリブのコンセプトが変わる!変えてみよう、と思います。

 

★YOUTUBE

  最近、YOUTUBEに演奏動画をあげています。毎日、とはいきませんが、週に1本くらいはあげていこうかなと思っています。

作品としての動画もありますが、個人的な練習の様子を撮影した動画もあります。

ギターを弾く方には、なんらかの参考になるでしょう。

https://www.youtube.com/user/oblivion332

 

 

| | Comments (0)

June 03, 2020

La Pomeña(ソロギター演奏)

 しばらくぶりのソロギター動画を撮影してみました。

https://youtu.be/lVDJLOoGuNs

 アルゼンチンの都市サルタを代表する作曲家クーチー・レギサモンの作品La Pomeña(zamba)です。

 フォルクローレダンスをやっているアルゼンチン人の友人が何人かいるのですが、彼ら彼女らを思い出して弾きました。


 今、アルゼンチンはCovid-19の感染者が増えていて、大変な状況です。

 次は、一体、いつアルゼンチンにいけるのかな、、、、。

 

編曲:

 特に譜面化はしていないラフな編曲です。ずっと以前に編曲したものは凝りすぎていて弾きにくかったので、だいぶシンプルにしました。

 イントロは、気持ちを楽にする部分なので、軽くインプロバイズしてあります。

 

使用楽器と音:

 楽器は、Antigua Casa Nuñez ZC です。

 2017年にブエノスアイレスのギターショップ、カーサ・ヌーニェスで買ったギターです。

 価格の安いものから順に、たくさん試奏させてもらいましたが、みんないいギターでしたので、悩みました。ただ、この楽器に行き着いたとき、明らかに質がグンと上がったので、これに決めました。そんなに高い楽器ではないですよ。

 これを持って、アルゼンチン国内を数週間、旅したのは良い思い出です。

 LR Baggs Anthem SL Classicalでエレアコ化してあるので、音そのものは、Roland AC-33のラインアウトからそのままZoom R16経由でZoom Q2n-4kのラインに入れました。生のギターの音ではないですが、これはこれで、使える音ですね。

 

| | Comments (0)

ギター教室 688 「覚えよう!」

 ギター教室の話題。

 

 真剣に取り組んでいる大人の学習者へのアドバイス。

 大人にとっては、これらを完成させてからが本当のスタートです。

ギターの話;

 ドレミファソラシ、でも、CDEFGABでもいいので、指板上のどこに音が配置されているか、覚えましょう!

 基本コードフォームの中の度数も一緒に覚えると、縦横で覚えていけますので、覚えやすいです。

 

音楽一般の話:

 音楽理論の基本(平均律の仕組み、調性と機能和声)は、「最低限」勉強しておきましょう。

 

 演奏の完成度をあげるのには、気が遠くなるほどの労力が必要です。

 でも、上にあげた項目は、短期間の努力で完成します。

 

 

| | Comments (0)

June 02, 2020

本日の研究(2020/6/2)

★アドリブ研究

 自作曲EL VIAJEのアドリブ部分を練習しています。

     https://youtu.be/nUu4A65vhbE 

 エフェクターも使ってみました。

   BOSS JB-2,EH Nano POG,BOSS PH-6,EH NeoCloneなどです。

★アドリブの練習について

 問 アドリブってどうやって練習するものですか?

 答 アドリブとは、意図を即興的に表現する表現方法です。アドリブの練習は、この表現方法の質を高めるのが目的です。意図がはっきりしているのか?意図通りにコントロールしているのか?を自分で判定します。

 ちなみに、、、

 全ての事柄に言えることですが、「質が高い=完成度が高い=再現性が高い=行き届いたコントロールがされている」という関係があるので、再現性が高いアドリブが質の高さを担保するという見方もできます。

 アドリブなのに再現性?と思うかもしれませんが、達人は、自分自身のアドリブを再現できます。他人のアドリブを寸分違わずコピーしたりする能力とも関係してるような気がします。

 ですから、自分も、練習の際は、再現性の高いアドリブを目指しています。

 一旦、思いついて表現した内容は、次に弾くときはもう再現音楽になっていると考えると、コントロール下におく練習にはなるわけです。

 もちろん、全く逆の考え方もあります。一回弾いたフレーズは二度と弾かない。ということで、自分を追い込むことこそアドリブの練習だ!という考え方です。こちらも真だと思います。

 このように、矛盾することをアウフヘーベン(笑)して、今を生きる音になるのでしょう。

 

★新作遠隔アンサンブル合成動画

 自分のパートをこれから録画します!ご期待くださいね!

 

★演奏活動再開は10月

 次回コンサートは、10/4,10/25になります。

 本当にできるかどうかはまだ????ですが、今から宣伝しときます!

 http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

| | Comments (0)

May 28, 2020

Me gusta Jujuy cuando llueve (リモート合奏)

Me gusta Jujuy cuando llueve を、ケーナの高橋さんと遠隔アンサンブルしました!

https://youtu.be/Q6xlmk7JA4Y

★曲について

 アルゼンチン北部にフフイという地域があります。アンデス地方ですね。

 Me gusta Jujuy cuando llueveは、「雨のフフイが好き」というタイトルで、フフイの情景を歌った曲で、形式はアルゼンチン・サンバです。アルゼンチン・サンバは、サルタ、ツクマンといった歴史のある都市の人たちが大事にしている形式です。いわゆるアンデス音楽ではなく、フォルクローレの中でも都会の音楽に区分されます。
 アルゼンチンのフォルクローレは、歌とギターが中心の音楽で、ロマンティックなものが多いのですが、アルゼンチン・サンバは中でも最高にロマンティックな音楽だと思います。テイストは、日本の演歌に近いかもしれません。

★動画作成の手順

 Viva Jujuyの時と同じです。

 今回は、2曲目ということで、少し作業になれた分、制作効率がアップしました。

★生演奏
 3月以降、生演奏の機会がどんどん失われていますが、この二人の次回の生演奏は、10/25(日)の予定です。新作CD発売ライブでもあります。

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

★その新作CD「ケーナとギターの夢 VOL.3」

 関心のある方は、こちらもご覧ください。通販してます(笑)

http://bordona.music.coocan.jp/cd.html

| | Comments (0)

May 27, 2020

ギター教室 687 「発表会について」

 ギター教室の話題。 

 緊急事態宣言は解除されましたが、当分の間、閉じた空間での発表会はできそうもないですね。

 発表会の代替案として考えているのが、演奏動画を撮影してYOUTUBEに限定公開の形であげるというものです。

 これなら、レッスンのついでに撮影すれば、生徒に余計な経費の負担もないですし、発表会と同様な緊張感も味わえることでしょう。

 もっと以前からやってればよかったな。

 打ち上げは、オンライン飲み会にすれば、結構楽しいかもしれないしね。

 今度、生徒に提案してみよう!

| | Comments (0)

«本日の研究(2020/5/26 火)