自転車・ホイール組 スポーク長算出

 必要な値を計測し、スポーク長を算出しました。
 ハブは、左右対称でないにも関わらず、計算したら、左右のスポーク長が結局同じになりました。
 左右対称でないとは言っても、中心からの距離がわずか7mmほどの違いなので、スポーク長さに影響を与えないということなのでしょう。

左右とも261mmとなりました。

Img_20181217_195617


| | Comments (0)

December 15, 2018

自転車・ホイール組 ハブ

  音楽に関係のない気楽な趣味の話題。

 MTB仕様の自転車の前輪をハブダイナモ付きにしようと計画しています。

 通常、前輪用のハブは、左右対称な形ですが、今回使うのは、ディスクブレーキ仕様のハブダイナモなので、非対称です。

 スポーク長を計算するには、「ハブ中心からフランジまでの距離C(右側はCR、左側はCL)」が必要なので、ShimanoのHPからデータを拾ってきて、計算しました。

 当初、実測しようと試みたのですが、正確さに自信が持てなかったので、計算で求めました。オフセットの意味がわからなかったんですが、多分、、、中心からの偏位を言ってるんだろうと勝手に予測して、計算しました。この計算も有効数字をどこまでとっていいものかわからなかったので、とりあえず、端数未処理です。

 実測した値とそう大きくは違わないので、あってると信じたいです、、、、、。つまり、確信はないんですよねー。
もしも、この図、おかしいよ!と気づいた方がいらっしゃったら、ご一報いただけると助かります。よろしくお願いします!


Img_20181215_062343_2


| | Comments (0)

December 10, 2018

自転車・ホイール組 スポーク長さについて

スポーツ自転車のいいところは、規格にあったパーツを寄せ集めて組み立てられるところ。
自転車は、機械工学の身近な集大成です。

今、乗っている自転車にハブダイナモ付きホイールを組みこんでみたくて、DVD「ホイール組みの達人」を購入した、、、まではよかったんですが、スポーク長の計算の中に出てくるαがどこの角度をさすのかわからず、そのままでは気持ち悪いので、調べました。
 多分、これであってると思いますが、間違ってたら、ご教示いただけると幸いです。
 手書きの画像で残しておきます。

 Img_0302

サイクルメンテナンスHP:http://saimen.shop-pro.jp/?pid=46984865


| | Comments (0)

December 09, 2018

 2018年の使用楽器・機材

演奏者にとって、楽器の音は自分の声です。音響も含めて大事ですね。
 今年を振り返って、使った楽器、機材をご紹介します。

ポルトガルギター・・・
基本的に生で演奏する機会が圧倒的に多いので、ピックアップなどはつけていません。PAが必要な場合、外部にマイクを立て、ボディ下部を狙うといい感じに拾えます。楽器自体はリスボンタイプ(オスカル・カルドーゾ)とコインブラタイプ(アレニック)の二本をその日の気分で使いわけました。

クラシック・ギター・・・
1 生音で演奏する機会には、パウリーノ・ベルナベ(弦長660mm)を使うのが基本ですが、カーサ・ヌニェス(650mm)も一回だけ使いました。
2 バイオリンとデュオとかだと、少し、マイクを使って音を足した方がバランスがいいので、小さいコンデンサーマイクDPA4060(今は改良型が出てるみたいです)をベルナベの表面板に貼って使っています。
3 もっと音量が必要な場合、Shadowのアンダーサドル・ピエゾを後付けしたカーサ・ヌニェス+Zoom A3+卓直結でした。自分用のモニターとしては、Makie SRM150(A3からパラで出力)を使いました。ここまでの機材なら、小さいスーツケースに収まるので、電車移動でも持ち運べます。

チャランゴ・・・
 ボリビア製のチャランゴ(キスペ・トーレス)に、サウンドハウスで買ったコンデンサーマイクJTS CX-500を貼り付けて使いました。
DPAのパチモンのようなマイクですが、かなり良いです。DPAの価格の1/10です、、、。使えます。
 SHADOWのピエゾを後付けしたアルゼンチン製のチャランゴ(イバニェス)も使いました。この場合、チャランゴーLRBaggs Para Acoustic DI+卓直結 です。


特に機材の詳細については、後ほど、別の記事で紹介します。

| | Comments (0)

December 05, 2018

DLMarketについて(その3)

楽譜のダウンロード販売をお願いしているDL Marketから、「再開までかなり時間がかかるので、お急ぎの方は他のダウンロード販売業者を利用してみてください」という連絡がきました。

 自分は、今、すぐに発表しないといけない譜面はないので、DL Marketの再開を待とうと思います。
  その間に、出来るだけ、たくさん譜面を仕上げるという計画です。

 ちなみに、ソロギターの譜面ですが、五線譜の場合、必要な運指や演奏指示も書き入れますので、編曲ができてから、出版に耐える形にするまで、一手間かかるんです。だから、そうそう大量にこなせません。ですので、自分にはちょうどいい準備期間です。

 そういうわけで、譜面が欲しい方は、DL Market再開までお待ちくださいね。

https://www.dlmarket.jp/consignors/

| | Comments (0)

November 28, 2018

ギター教室 664 「やれる事はやりましょう」

 ギター教室の話題。

  演奏者にとって、音楽理論は、必須の学習項目です。
  勉強されることをお勧めします。

 五線譜が理解できて読めて歌えて、っていうことが大事なのではなく、ギターと自分のメロディ、音楽を結びつける為に必要な知識です。

  全てがリンクしてくると、すごく楽しいですよ!

| | Comments (0)

November 26, 2018

DLMarketについて(その2)

 楽譜ダウンロード販売でお世話になっているDL Marketですが、復旧まで数ヶ月かかる見通しのようです。

 復旧の暁には、これまでに、作りためていたソロギター、フルート+ギターの編曲をいくつかご紹介したいと思っています。
 ただいま、引きこもって、推敲・浄書を進めています。

 この作業の合間に、気晴らしに新しい編曲をするという、そういう日々が、年内は続きそうです。

https://www.dlmarket.jp/consignors/

| | Comments (0)

November 25, 2018

12月の演奏会

 寒くなってきましたね。
 12月の演奏会のご案内をさせていただきます。
平日の午後のコンサートです。

音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!

『 YOSHIKO TOMITA ~ Petit Concert 2018 II~ 東京 』
12月7日(金) 開場12:00(ランチタイム)開演13:30-15:30
  ○会場 恵比寿・アート・カフェ・フレンズ
  ○出演 Vo:富田喜子、Piano:深見真理子、Guitar:飯泉昌宏、Cajon:平島聡

詳細:
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

November 21, 2018

ギター教室 663 「Fはどう押さえるのか問題について」

 ギター教室の話題。

「Fが押さえられない」
どうしたらいいのか?

1フレットをセーハする形のFですね。
1フレットを人差し指で全部セーハするって考えてませんか?それは間違いですよ。

人差し指の正しい使い方は、「人差し指の先で6弦を、人差し指の根元で、 1,2弦を固定」です。
543弦は、別の指で押さえるので、人差し指がどうなっていようと関係ありません。

練習の仕方として、おすすめするのは、
低音弦から、順に6-5-4-3弦と押さえていく方法です。
ここまではセーハ不要なのはわかりますね?
おそらく初心者の場合、これでも結構きついはずです。ギター用の筋力がないから。
そして、まあまあ、これができるようになったら、2,1弦は、人差し指の根元に指先があるイメージで押し込んでみてください。これで音が出たらいいですね。

Fが本当に押さえられているかどうかをどう判定するか、といえば、自分の場合、

「セーハした状態ーセーハ解除の状態を可逆的に自由に行ったりきたりできる」ような身体の使い方ができたら、できるようになったとみています。

ちなみに、これ、上手なクラシックギタリストは、みんなできる当たり前の技術です。彼らは、力任せに押さえるとか一か八か弾くなーんて制御不能な非音楽的なことはしません。それだけのことだけでも、クラシックギターの技術は学んでおく価値があリますね。


「ではF7はどうするんだ?」
本当にFが押さえられるようになったら、わかります。

| | Comments (0)

November 19, 2018

DLMarketについて

 楽譜のダウンロード販売をさせてもらっているDLMarketですが、ハッキングの被害にあったそうで、現在、その対策中ということで、HPがみられません。

詳細:
https://www.dlmarket.jp/consignors/

  今は、待つしかないみたいです。

 ただ、再開を待っていても芸がないので、この機会に、
「この曲を編曲して欲しい。」
「以前、ソロギター譜面集で見たこの曲の譜面が欲しい」
などのリクエストも受け付けます。

  リクエストがあった曲については、実現可能かどうか、検討してみます。

| | Comments (0)

November 14, 2018

ギター教室 662. 「細部まで具体的に」

 ギター教室の話題。

   好きなギタリストの教則ビデオを好んで観ます。YOUTUBEに結構あがってますね。
 
  自分は、そこで、何を学ぶか、というと、優れたギタリストは、具体的に自分の演奏を解説しようとする点です。
  音階を説明しようとする人もいれば、身体の使い方を説明する人もいますが、彼らは、全て具体的です。

  「細部までイメージして見えて聴こえてコントロールする」
ことは、優れた演奏者にとっては普通のことなんだな、と確認する為に観ているような感じですね。


 

| | Comments (0)

November 12, 2018

ギター教室 661 「技術と再現性」

ギター教室の話題。

  楽器をコントロールできているかどうかの指標は、再現性。
 何度弾いても同じ状態が再現できれば、コントロールできていると見なせます。

  仮説でもいいので、正しい(と思われる)目標を決めて、その目標の再現性を高めるには、何が必要か、冷徹に考えるべきです。

 料理に例えれば、レシピを決めて、毎回、レシピ通りに演奏し表現できるようにするのが、練習の本質です。

  がむしゃらに弾いてもダメなんです。
  計画的に、よく考えながら、正しい方法を導き出し、たくさん練習しましょう。

 自分の思い通りにコントロールできるようになってくると、めちゃめちゃ楽しいですよー!

| | Comments (0)

November 11, 2018

11月後半の演奏会(ファドのみ)

 11月後半の演奏会のご案内。
 ファドだけです。全て、ポルトガルギターで参加しています。


11/15(木) 夜 四谷・マヌエル
ファド

11/16(金)夜19時 シネマート新宿
ファド (映画”ポルトの恋人たち”のイベント)

11/18(日) 昼 四谷・マヌエル
ファド

***************************
11/15,18は、いつもの YOKOさん、TAKUさんとのライブです。二人ともリスボンで一緒に時間を過ごしたファドの仲間で、リスボンの思い出も共有しており、特別な人たちです。18日は、こんなに入れていいの?くらいの満席らしいので、予約終了となりました。15日は、まだ席ありますが、11/13中で予約受付終了だそうです。料理の準備の都合らしい、、、、。
http://bordona.music.coocan.jp/live.html
Fado1115

***************************
11/16は、この日上映予定の映画”ポルトの恋人たち”の関係者(**)ということで、イベントに出演します。2,3曲演奏を聞いていただいたあと、映画の上映になるらしいです。
イベント詳細:http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20181109_15373.html
***************************

(**)註釈
2016年暮に、映画”ポルトの恋人たち”に出演の俳優・中野裕太さんにポルトガルギターの奏法の手ほどきをさせていただきました。あと、自分も少し演奏シーンに参加してます。2018年(今年)の夏、試写会のお誘いをいただきましたが、ちょうどリスボンにいてレコーディングの真っ最中でしたので、試写会に参加できず、実は、完成した映画をまだ見ていません!だから、結局映ってないかもー(笑)とにかく、そういうわけで関係者ということで、11/16のイベントに出演します。http://porto-koibitotachi.com/

コンサート/音楽 | | Comments (0)

November 04, 2018

11/4ケーナとギターの夢@新潟

本日、新潟で、「ケーナとギターの夢」コンサートでした。

たくさんの音楽ファンにご来場いただきました。ありがとうございました!

施設の付帯設備だけで、音響をまかないましたが、意外とやりやすく、部屋の響きもいい感じで、まず、サウンド面は上出来でした。
係の方には感謝です。
次回からは、音響はこれで大丈夫だなー!

演奏のほうも、おかげさまで大きな事故もなく無事やり遂げまして、帰路についています。

次回の予定は、またあらためてご案内しますね。


ちなみに、新しいレパートリー、次回のとき、披露します。ご期待ください。

| | Comments (0)

October 31, 2018

11月の演奏会

 秋も深まってきました。コンサートで生演奏をお楽しみください。
 ギターファン、音楽ファンのご来場をお待ちしています。

 なお、11/18のファドは、予約で満席になったそうです。
それ以外は、まだまだ席がありますので、お気軽にご来場ください。

11/4(日) 午後 新潟
ケーナとギターの夢

11/10(土) 午後 原宿
フルート&ギター タンゴ

11/15(木)夜 四谷
ファド

11/18(日) 午後 四谷
ファド

詳細:
http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

October 23, 2018

ギター教室 660 「発表会」

 ギター教室の話題。

 ボルドーナ音楽研究所では、時々、生徒(研究員)の研究発表会をやります。
 参加自由なので、積極的にこの場を利用して何かを得ようという生徒のみ参加するので、ここに前向きな人生の一端が見え、なかなか聞きごたえがあります。

 10/21の午後のひとときも発表会でした。

 長年かけてゆっくり成長するひともあれば、短期間で、期待以上の成長をする人もいます。
 学び研究し続ける限り、成長が見られない、という人は存在しません。それぞれの資質に応じて、着実に学んでいってください。

 音楽や演奏にもっとも必要なものは、音楽が好きで、ずっと弾き続けたい学び続けたい、という気持ちです。
 
 次回発表会は、来年7月の予定。
 

| | Comments (0)

October 18, 2018

ファドの夕べ 10/16の振り返り

  10/16の夜、ファドのコンサート(新宿文化センター)がありました。

  ここのところ、毎年、一度はリスボンを訪れ、ファド活動をしてきましたが、その中で学んだ全てのことが集約されたコンサートになったと思います。

  ファドがどのような環境で演奏されているのか、ファドのミュージシャンはどう考えて演奏しているのか、アンサンブルはどのように成立していくのか、リスボンでファド独特の哲学、考え方を学んできたことは、とても重要だったんだなと改めて思いました。その点は、ヴィタルも認めてくれてる訳で、そういう意味で、自信を持って演奏できました。

  誰かの評価や意見を気にするとしたら、尊敬するミュージシャンの意見くらいしかないのです。
  ファドにおいては、それが、ヴィタルであったり、アルメニオだったりします。

 今後も、研究を深めて行きたいと思います。

 ご来場くださった音楽ファンのみなさま、ありがとうございました!


 


 

 

| | Comments (0)

October 08, 2018

ギター教室 659. 「正体を知る」

 ギター教室の話題。

 得体のしれないものに恐怖や不安を感じるのは、自然なことでしょう。
 
 相手の正体がわかれば、諦めがついたり対処法がわかったり、自分の態度を決めることができるので、安定した気持ちで向き合うことができそうです。

  初学者にとって、楽器でも試験勉強でも、この点は似ていて、自分自身の学習の進み具合でしか自分の不安を取り除けないのです。
 
  ただ、暗闇でスナイパーに狙われてる恐怖感、なーんてのとは、違います。学習にまつわる不安は、自分自身の努力で全て完全に解決できる問題だからです。

  まずは、学習をはじめてみましょう。
 そして、ずっと学び研究を続けていければ、演奏用の体になっていき、音楽の仕組みもだんだんわかってきます。
 

  

| | Comments (0)

October 05, 2018

ギター教室 658 「音感トレーニング 確認事項」

 ギター教室の話題。

 人によって、苦手なところはあるものです。
 いちいち、がっかりしていても何も始まりませんので、前向きにトレーニングして行きましょう。

 まず、自分は、何ができて何ができないのかを知ることが大事です。
ギターを弾くということからいったん自由になって考えましょう。

1. メジャースケールは歌えますか?
2.ダイアトニックコードのアルペジオは歌えますか?

調性感(西洋の)を持っている人は、このふたつはできます。
もし、できないようだったら、トレーニングしてできるようにしましょう。

楽器のガイドを使っていいですよ。最初は。

ガイドがあってもできない場合は、ドレミファソまでは完璧にするよう、粘り強くトレーニングしましょう。これができれば、ソラシドもできるようになります。あとは繋げて歌えるのを目指します。


| | Comments (0)

October 01, 2018

10月の演奏会

10月の演奏会のご案内。
音楽ファンのご来場をお待ちしています!


★10/16(火) 夜 
新宿文化センター 小ホール
「FADOの夜」

★10/28(日) 昼
さいたま市民会館うらわ コンサート室
「ケーナとギターの夢」

http://bordona.music.coocan.jp/live.html
****************************************
コンサートの内容について:
10/16(火)
日本のファディスタ TAKU,YOKO、ポルトガルギター奏者 MASA(わたし),ヴィオラ奏者 Vital D'Assunçãoでコンサートをします。リスボン・ファドへのリスペクトを込めて、演奏します。
 ついでに、、、今年、8月にリスボンでレコーディングしてきたインストルメンタル・アルバムをお披露目します。よかったら買ってください。

10/28(日)
 南米のフォルクローレを演奏します。管楽器奏者・高橋マサヒロさんとのコラボももう20年になります。最近は、アルゼンチンの曲を演奏する機会が増えてますが、それでも、結局、アンデス音楽が多いかな。そろそろ、3枚目のCDも録音したいですね。二人で演奏できることはやり尽くすということで、最近は、わたしも必ずチャランゴを何曲か弾きます。

****************************************

| | Comments (0)

«9/30無事コンサート終了